天竜の住宅

木造2階建て・リノベーション・202㎡

OHR

浜松市天竜区に建つ、築44年の木造住宅の改修。ご両親が住まわれていた住宅をクライアントが住み継ぐに際して、骨組の状態まで一旦解体する「スケルトン・リフォーム」により、増築・間取り変更、ならびに仕上げ・性能の全面的な刷新を図った。
解体してみると主に外周部でシロアリ被害が少なからず見受けられたが、全て補修し改修後は長期優良住宅認定<増改築>を取得している。

OHR

解体後の架構状況

OHR

外周部に蟻害・腐朽が多く見られ、改修に際して全て補修した。

OHR

従前の1階は、8畳二間の続き間と縁側…という典型的な和風の平面構成だった。架構は既存のものを活かしつつ部分的に手直しを施し、不要な柱を撤去したり、耐力壁を効率的に配置することで、光や風をふんだんに取り入れるリビングルームを計画した。
一部増築し、縁側までワンルーム化することで、子供や孫も集まることのできる大きなリビングルームとなっている。

OHR

8畳間のうち一つは、客間を兼ねる和室となっている。従前の和室の設えを踏襲しつつ、来客の就寝時に光をコントロールできるよう、建具の透過性を操作している。写真左手の引違い戸は、下部が光を通さない襖、上部は光を透過する障子としている。正面は太鼓張りの襖。右手は雪見障子で、縁側越しに庭を眺めることができる。

OHR

屋内の木製建具の多くを引戸に改修しているが、既存の架構と干渉しないよう、壁面の外側でスライドさせる「アウトセット引戸」としている。通常、アウトセット引戸は外枠が露出するが、ここでは外枠をなくすことで廊下の意匠性を高めている。
リノベーションでは、意匠の主題が仕上げに集中しやすいが、ここでは建具のあり方を注意深く検討した。

OHR

OHR

閉じると壁面になる収納折戸

OHR

OHR

扉を閉じた状態でも通気ができる開閉スリット

 

copyrights belong to REGION STUDIES @ 2016